INDEX


 
 
ご覧になりたい科目をクリックしてください
耳鼻咽喉科 眼科 産婦人科 小児科 整形外科 精神科

皆様からのお問合せにお応えしたものを掲載しております。ご参項になればと思います。
 
産婦人科のご質問


Q:

 月経が月に2回あります。何か異常でしょうか?

A:  無排卵の場合(無排卵性月経)と排卵したあとの期間が短い黄体機能不全があります。基礎体温をつけて医師に行きましょう。無排卵の場合はいつもある月経痛がないことが多いです。

Q:

 不正出血で医師にいったら卵巣が腫れているといわれたのですが・・・・・?

A:  排卵が出来なく卵巣に水が貯まっている状態(卵胞のう胞)のことが多いものです。漢方薬も効果あることがありますが、ホルモン剤でないと効果が期待できないことがあります。

Q:

 不正出血が2〜3週間つづくのですがどうしたらいいでしょうか?

A:  ホルモンの異常、ポリ-プ、子宮筋腫などがありますが、思春期の場合は殆どホルモン異常です。ホルモン異常の場合はホルモン剤で治癒しますが、治療にあたっては医師の指示に従わなければなりません。

Q:

 月経と月経の間に1日程度出血あるのですが・・・・・?

A:  排卵期出血が殆どで、血中ホルモン濃度が上がるからであり心配はありません。

Q:

 月経の量が大変に多く塊ができてしまいます。どうしてですか?

A:  子宮筋腫、子宮内膜症、大きいポリ-プなども考えなければなりません。医師の診断が必要です。

Q:

 月経に引き続き出血がつづくのですが、なぜですか?

A:  ホルモン異常のことが大半ですが、子宮筋腫、ポリ-プ、ごく稀に妊娠初期で流産兆候のこともあるので妊娠の可能性のある方は注意しなければなりません。基礎体温が参考になります。

Q:

 月経不順で悩みごとがあると無月経になります。

A:  精神的ストレス、体重減少、肥満、不眠、生活の乱れ、過労、衰弱などで中枢神経と卵巣の機能分担がうまくいかなくなった場合におこります。いろいろな原因を除くように心がけましょう。

Q:

 年に1〜2回しか月経がないので心配です。

A:  若年期、思春期ではあり得ます、必要により超音波診断、ホルモン検査などをすることがあります。更年期前後でもありますが、妊娠もありえますので注意しなければなりません。

Q:

 思春期または子供で不正出血ある方は内診するのですか

A:  いま超音波診断装置を使用して内診しなくとも済むことが多く必ず内診しなければならないと決め付けないことです。超音波診断をはじめホルモンの血液検査、腫瘍などを診断する検査もあり総合して診断します。

Q:

 子宮癌の出血とは?

A:  癌の初期は殆ど何の症状もない方が多いです。初期癌では出血は殆どしませんので年1回、必要により2回の検診が必要です。子宮癌は0期から4期までありますが、0期では100%治癒で子宮の部分切除だけでいいこともあります。50歳以上で不正出血ある方は子宮の入口(子宮頸部)だけでなく子宮の奥の方(子宮体部)も検査しましょう。体部癌検診は集団検診では不可能です。

Q:

 高齢者の出血について教えて下さい。

A:  いろいろありますが、意外と多いのは膣が乾燥してかさかさになり真赤になって出血する 1)老人性膣炎、また子宮の奥に炎症をおこし膿が貯まる 2)子宮溜のう腫、そして 3)子宮癌です。更年期を過ぎてからはホルモン異常、子宮筋腫などでの出血は殆どありません。老人性膣炎では、その近くにある尿道も赤くなり、そこからの出血もあります。それが原因で頻尿、排尿痛など膀胱炎のような症状になることもありますのでご注意ください。

Q:

 産後1年2ヶ月で基礎体温で排卵がなくだらだらと出血してこまっています。

A:  医師にいき色々と検査しても特に何も異常ない時は無排卵性周期により出血をくりかえしていると思われるので、
1. 排卵を起こして止血する。
2. 低容量ピルにて月経をコントロ-ルする
この2つの方法から医師と相談して選択するといいと思います。
この方法は産後と限らず一般的に止血方法でもあります。

Q:

 性交渉の時不正出血がありますが、異常でしょうか?

A:  子宮の入口の膣部びらん(ただれ)、膣炎、子宮頚管炎などておきるもので接触出血といいます。なお妊娠中などは子宮がやわらかくなっているので普通より出血しやすい状態になるということもあり流産兆候と間違いやすいこともあります。
月経困難症について
Q:

 月経の一日目が痛みがひどく吐いたりします。また、2〜3日間痛みが続いて鎮痛剤でも軽快しません。どのような病気なのでしようか。

A:  数日間の痛みでおさまるのは子宮発育不全の方に多くみられます。子宮の頚管部が狭く月経血が通過するときに痛みを感じることが多いものですからリラックスできるような環境を作ってください。当然鎮痛剤も良いでしょう。鎮痛剤は内服だけでなく注射、坐薬等もあります。また医師と相談して漢方薬、低容量ピルを服用するのも良いと思います。低容量ピルは避妊に使用するのですが、ピルの効用を利用して月経困難症に用いるのです。

Q:

 月経痛がひどく生活に支障あります。また月経血も多く鎮痛剤を飲んでもあまり効果なく病院に行くこともありますが、どうしたらよいでしょうか。

A:  月経痛は子宮内の血液を押し出そうとするプロスタグランジンの働きであり陣痛と同じですから痛いのは当然です。ですからプロスタグランジンを抑える鎮痛剤や安定剤をつかったり、心身をリラックスさせるために色々と工夫されるといいと思います。また、漢方薬なども効果があることが多いです。下腹部、腰などを暖めることもいいことと思います。

Q:

 月経痛は2日目からひどく何もできず眠れなく、職場から救急車で病院にいったことがあります。病院では超音波検査、細胞検査などの検査もしましたが異常ないと言われましたが。どうすればいいのでしようか。

A:  婦人科で異常ないと言われたのですから、あなたは原発性月経困難症だと思います。続発性月経困難症とは子宮筋腫とか子宮内膜症などがありおこるものです。治療としてストレス解消、適度な運動、環境を変えたり、色々と工夫することにより改善されることがあります、また漢方薬、鎮痛剤の内服、座薬、安定剤、カウンセリング゙などもいいでしよう。

Q:

 激しい月経痛は子宮内膜症でおきますか。

A:  子宮内膜症では普通の月経困難症と同じこともありますが激痛を伴うことが多いものです。その特徴を4項目書きました。
1)すこしつづ痛みが増していく。
2) 月経時以外にも慢性的に下腹部痛がある。
3)性交痛
4)排便時に痛む
内膜症とは子宮内膜が子宮の外側や卵巣にできるもので、子宮以外の場所で月経時に出血して色々な症状がでてきます。生命には関係ありませんが毎日の生活が憂鬱です。検査として超音波診断、内視鏡、血液検査などありますので、かかりつけ医で診察を受けてください。

Q:

 月経前に頭痛、吐気、倦怠感、浮腫、下腹部痛、不眠、その他の神経症状がありますが、どうすれば良いのですか。

A:  これは月経前緊張症といい嫌な症状です。これは月経の前に黄体ホルモン濃度が最高になるからです。黄体ホルモンは身体のあらゆる組織に浮腫を生じさせる働きがあり、骨盤、腹部に浮腫が発生すれば便秘、脳に浮腫がおきれば頭痛、眩暈、いらいら、憂鬱、その他いろいろな不定愁訴が起きます。これは自分だけでなく殆どすべての女性におきるものです。塩分を控えた食事療法、軽い運動、その他のリラックスの仕方を生活習慣の中でとりいれましょう。ひどい場合は病院にいって相談する必要があります。

Q:

 高校にはいってから急に月経痛がはじまり、だんだん酷くなってきます。最近は下痢や吐いたりすることがあります。薬で痛みは緩和するが何か身体の異常あるのでしょうか。

A:   症状からみると大きい病気はないと思われます。自分にあった鎮痛剤、安定剤、漢方薬などを上手に使用しましょう。ただ、お薬は月経になってからでなく、数日前から服用するともっと効果があります。超音波検査、血液検査等である程度の診断が可能です。内診は必ずしなければならないものではありませんので気軽にかかりつけ医に相談しましよう。

Q:

 月経痛で救急車で病院に運ばれたことがあるが、また運ばれるかと思うと心配です。

A:  そんなことはありません。心配していること自体が悪い影響を与えることになりますので、すこし精神的に強くなって下さい。寝不足、疲れ、風邪などで体調い時などはいつもよりよりひどいことが多いようですので気をつけましょう。

Q:

 排卵が無いと月経痛が軽度と聞いておりますが

A:  そのとうりです。ですから無排卵状態にするピルが効果あるわけです。

Q:

 精神的な月経困難症があると聞いていますが。

A:  多いにあります。ですから精神的な健康が大切です。

Q:

 子宮内膜症、子宮筋腫は手術しないといけないのですか

A:  そんなことはありません。程度にもよりますが、いろいろな検査をして月に一回のホルモン剤注射、またスブレキュアというホルモンの点鼻薬、内服薬で治癒することが多いものです。治療は1ク-ル6ヶ月間です。その治療により月経困難症も過多月経も見事に改善され手術せずに治療が完了することも多いものです。閉経前後では特に効果的です。また、その薬で子宮内膜症、子宮筋腫が改善され小さくなりますから手術も簡単になるというメリットもあります。

Q:

 月経困難症のとき何時ごろ薬を飲んだ方がいいですか。

A:  たいていの人は生理になってから薬を飲みますが、できれば生理が始まる2〜3日前から服用した方がはるかに効果的です。

Q:

 鎮痛剤はいろいろあると聞いておりますが、どのようなものが最もよいのですか

A:  非常に沢山の薬が薬局でも医療機関でもありますが、自分にどのような薬があうかどうかは大変に難しいものです。ただ、薬によっては胃腸が悪くなったり吐いたりして全く効果がないこともありますので鎮痛の坐薬が効果的と思います。ここで注意したいことは喘息、胃潰瘍、その他の病気をもっている人は使って悪い鎮痛剤もありますので注意しなければなりません。ひどい月経困難症には鎮痛剤の他に精神安定剤などが効果があります。かかりつけ医で相談して下さい。医療機関にはいろいろな内服薬、坐薬、安定剤、注射などそろっていますので適切に処置ができるでしょう。

Q:

 31才、独身です。卵巣に水が溜まっているが、まだ小さいので大丈夫だろう…といわれました。周期は一定で、生理時に月経痛がありますが、初日ぐらいです。鎮痛剤を飲んでいます。生理後4〜5日して、少しの痛みと少しの出血があります。 放っておいて大丈夫なのでしょうか?治せるものなら治しておきたいのですが、どのような処置になるのでしょうか?

A:  卵巣に水が溜まるもりを卵巣のう腫といいます。婦人科領域では大変に多い疾患です。卵巣腫瘍としては硬いものと軟らかいものと区別しますが、水が溜まるものは軟らかいもので良性で比較的若い方に多いものです。のう腫は月経の前に大きくなり月経後には小さくなることがしばしばあります。質問のように小さいものであれば様子をみていいものです。10cmまたはそれ以上に大きくなり急に捻じれて激痛を伴うこともあります(卵巣腫瘍茎捻転)。この時には手術しかありません。これは非常に稀です。質問のように小さいものであれば6ヶ月に一回程度の検診でいいと思います。
ホルモンの働きにより腫瘍が消失することがあるからです。質問にある生理痛、生理後の下腹痛、不正出血はのう腫とは全く関係ありません。治せるものであれば治したいのは誰もがそう思いますが、自然消失がありますのでこれを期待しましょう。

Q:

 昨年11月に出産しましたが、妊娠時ポリープがあると言われ、出産時にとれてしまうからと言われました。結局、帝王切開だったのですが、ポリープについて説明がないまま退院してしまいました。ポリープはどうなったのでしょうか?生理が始まりましたが、終わる頃、微量ですが鮮血があり心配です。宜しくお願いします。

A:  妊娠中のポリ-プは出産後に自然にとれてくることが多いものです。ポリ-プの切除により出血、または流早産がおきやすいので出産まで待つことが殆どです。生理後微量の出血があるとのことですがポリ-プとは関係ないような感じです。ポリ-プの診断は簡単ですから一度主治医の先生で診察を受けてください。

子どものこと、お年寄りのこと、ご自分のこと何でも、どんなことでも結構です。
医師会の担当医が親身になってお答えいたします。